うちのコンポスト

コンポストでごみ削減&お金をかけない無農薬無化学肥料ガーデニング

コンポストって何?

コンポストって何?

コンポストとは何なのでしょうか。元々の言葉であるcompost という英語の単語を辞書で調べてみましょう。

compost

【名】
  1. 堆肥
  2. 培養土
【他動】
  1. 〔~を〕堆肥にする
  2. 〔土地に〕堆肥をやる

 

英辞郎 on the web より引用。

コンポスト=(名詞)堆肥、または、(動詞)堆肥を作る。~を堆肥にする、ですね。現代の日本語でコンポストとは"生ごみなどから堆肥を作る容器”のことを指すことが大半のように思えますが、世界の共通語ともいえる英語でcompostといえば、それは出来上がった堆肥、または堆肥を作ること、をさします。

 

コンポスト=堆肥。堆肥とは何?

では、堆肥とはなんなのでしょう?ウィキペディアの説明です。

堆肥(たいひ)とは、易分解性有機物が微生物によって完全に分解された肥料あるいは土壌改良剤のこと。有機資材有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材は易分解性有機物が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物が完全に分解したものを指す。

英語ではコンポスト (compost) と呼び、本項でも堆肥コンポストを同義として扱う。なお、生ごみ堆肥化容器の生成物である堆肥(コンポスト)が転じて、生ごみ堆肥化容器をコンポストと呼ぶ場合がある。

有機物が完全に分解された肥料あるいは土壌改良剤。生ごみだったり、野菜などの収穫後の残渣だったり、剪定した枝葉だったりといった自然の物が微生物によって分解されたものですね。肥料にもなる、土を豊かにする土壌改良材にもなる。植物の成長に、非常に有益なものなのですね。そのお宝が、生ごみや、雑草や、剪定枝など、不要な、捨てられてしまうものから作ることができるのです。自然の森の中でなくても、家の庭でも、ベランダでも、コンポスト作りによって土からもらったものを土に返すことができるのです。そしてそこから育った野菜や果物、お花を楽しむことができる...。コンポスト作りは、かける手間の何倍もの見返りがあると思います。自分がかける手間は少し。あとはすべて微生物や虫たちが時間をかけて植物にとって栄養たっぷりの土を作り出してくれます。

 

コンポスト作りの方法はたくさんあると思います。これが正解というのはないし、地域気候によっても変わってくるでしょう。各人が工夫しながら自分に合った形でされていると思います。

うちのコンポストもまだまだ勉強中で試行錯誤の段階ですが、1つの例としてご紹介していきたいと思います。このブログがほんの少しでもどなたかの参考になり、お役に立てたら嬉しいです。

お気づきの点がありましたが、どうぞコメント欄でお知らせくださいね。